児童英語教師の資格を取るための養成講座、通信講座のコース等を紹介!

児童英語教師養成講座Teyl-JAPAN(J-SHINE認定)
↑↑↑
日本で唯一のJ-shine認定の児童英語教師の通信講座公開中!

英会話学校に勤務する!

求人情報誌、折り込み広告などに載っている英会話学校の講師募集を探します。まずは非常勤講師やパートで教えることになる場合が多いです。

採用後の研修によって、スクールで学んだテキストの活用法、教授法などをしっかり身につけます。自由度は低いですが、生徒集めや生徒の管理は勤め先でしてくれますので、教えることに専念したい人に向いています。

自宅で教室を持つ!

自宅の一室を利用して児童英語教室を持つには、大きく分けて2つの方法があります。フランチャイズに加盟して教室を開方法と、もう1つは、完全に個人で教室を開く方法です。

児童英語教室の生徒集めについては、子育て経験している主婦の方なら、主婦のネットワークを最大限に活用して、口コミなどで集めることが可能です。

フランチャイズと個人経営の違いは?

【フランチャイズの場合】

フランチャイズとは、児童英語教師のフランチャイズの本部に加盟金を支払い、独自の教授法などを習得し、合格後は、教室開設の支援を受ける形態です。

いろいろなフランチャイズ本部がありますが、加盟金は、英会話教室からスクールなど、業態によって数万円から数百万円と幅があるので、自分はどういう形態でやりたいのか、比較検討する必要があります。

同じフランチャイズの講師たちと交流し、急に都合や体調が悪くなったときに、お互いに助け合えるというメリットを活かしている人もいます。また、本部があることで、教室運営などに不安や問題があるときに相談に乗ってもらえます。

【個人経営の教室の場合】

テキスト及び教材の作成、備品の準備から、経費や税金の管理まで全てを自分で行う必要がありますが、自由度はとても大きいです。。オリジナル教材やメソッドで教えることが出来るので、自分で成果の出せるカリキュラム作成に自信のある人向きといえるでしょう。

お受験の生徒を大量に確保している個人の児童英語教室は、年収1000万超えもざらにいます!

児童英語教師になりたい!メニュー