児童英語教師の資格を取るための養成講座、通信講座のコース等を紹介!

児童英語教師養成講座Teyl-JAPAN(J-SHINE認定)
↑↑↑
日本で唯一のJ-shine認定の児童英語教師の通信講座公開中!

児童英語教師の需要拡大の背景

実は、今最も「英語」が求められている職場は「小学校」です。

日本では2002年より、ゆとり教育の一環として「総合的な学習の時間」が導入されました。その時間に行われる、「国際理解学習の一環としての外国語会話等」が、今日の小学校での英語教育に当たります。特に英語でないといけないと定めている訳ではなく、さらに会話等とある通り目的はあくまで「国際理解」。

そこで各小学校は困りました。具体的な指導要綱があいまいなまま、各自手探りの状態で英語教育を導入しようとしているのです。小学校側も、英語を教える先生も、英語教育現場に不安を持つ方は多いのが現状です。

もっとも英語教育の需要が高い場所で働ける!

国の正式な「小学校英語教師免許」が存在しないため、日本の児童英語教育は大きく混乱しています。

そこで、小学校で英語を教える技能をもった先生を育成、認定し、各小学校が先生として雇い入れる事のできる人材(民間人でも可)の需要が急上昇しています。

また、いわゆる「お受験」の為に児童英語教室に通わせるセレブの親も増加しており、今後も児童への英語教育の需要は拡大していくと思われます。

児童英語教師になりたい!メニュー