児童英語教師の資格を取るための養成講座、通信講座のコース等を紹介!

児童英語教師養成講座Teyl-JAPAN(J-SHINE認定)
↑↑↑
日本で唯一のJ-shine認定の児童英語教師の通信講座公開中!

児童英語教師の平均年収

平均月収15万円〜30万円以上

フランチャイズなら人数に応じて、ロイヤリティ(あらかじめ決められた割合で、売り上げの一部を本部におさめる 例:月売上高30万円以上の10%)が発生し、毎月本部へ支払う形になります。

全くの個人経営で自宅の1室を使う場合は、月謝から経費を引いて残ったものが、手取りになり、個人経営で人気のある教室を持っている場合は年収1000万円越えの児童英語教師も存在します。

英語と子供が大好きな人にぴったりのお仕事!

児童英語教師は幼児から小学生を対象に英語・英会話を指導します。

子供に英語を教える場合、歌う、踊る、パーティをするなど、遊びの要素も必要になってきます。子どもを飽きさせないようにしながら、学ぶ楽しさを教える技術が必要です。

教室を楽しいと感じられないと、英語そのものへの興味も失ってしまいかねません。しかし、子どもの英語の上達を目の当たりにしたとき、無上の喜びを感じるやりがいのあるお仕事です。

児童英語教師には誰でもなれるの?

特に資格を必要とする職業ではありませんが、「学生時代は英語が得意だったけど、長い間使っていない」「どうしたら教室を開けるようになるのかわからない」というような方は、一度体系だったカリキュラムで子どもへの英語教授法について学ぶことをおすすめします。

独学でももちろん開業できますが、専門の学習する事で自信もつきますし、学んだスクールで教室開設の支援をしてくれるところもあります。

ただし、仕事柄元教師等も多く、資格があった方が圧倒的に有利な職種であると言えます。

児童英語教師になりたい!メニュー